日本人向けの海外無修正ライブチャットを利用しただけで逮捕される時代が来る!?

PCライブチャットが一般的に楽しまれるようになったのは、恐らく2000年くらいでしょうか?

基本的にライブチャットは日本国内で運営されている番組と、海外に法人を置いている日本人向けの「無修正ライブチャット」の2種類が主流となっていました。

実はこの2種類の内、海外で運営されている無修正ライブチャットを利用している方は、今後もしかすると「逮捕」される可能性があるかもしれません。

何故なら、最近になって大手無修正エロ動画配信サイト「カリビアンコム」の運営者が日本の警察に逮捕されたからです。

これは大々的にニュースでも報道されたので驚いた方も多いとは思います。

カリビアンコムや一本道といえば、男性なら一度はお世話になったという方も多いのではないでしょうか?

これらの無修正動画配信サイトは日本のAVプロダクションと密接な関係にあると言われており、今回の逮捕劇により何とAVに出演している女優さんや男優さんまでもが逮捕されるという信じられない事態に発展しています。

この海外無修正動画サイトの実質的な運営というのはアメリカのラスベガスにある「DTI」という会社で、アダルトサイトを制作している人の多くがこのアフィリエイトシステムを使い、カリビアンコムや一本道の広告をサイトに掲載して、1件当たり10ドル~30ドル程度の報酬を得ていました。

また、このDTI社は無修正のライブチャット「DXLIVE」も運営しており、今回の逮捕劇から間違いなく無修正ライブチャットにも捜査のメスが入るのでは?と私は予想しています。

そうなると、まず危ないのが日本国内からDVLIVEに参加してる女性パフォーマーさんでしょう。

日本国内から自身の性器を丸見えの状態でライブチャット配信している訳ですから、当然「公然わいせつ罪」に該当するでしょうし、警察としてはパフォーマーのIPアドレスさえ分かれば、その女性の住所や氏名を割り出すことは極めて簡単ですから、まず狙われるのはパフォーマーの女の子という事になります。

そして、次に危ないのがこれらの無修正広告を自分のアダルトサイトに掲載していた日本在住のアダルトサイト運営者です。

このようなサイト運営者もパフォーマーさんと同様に違法サイトを広めていたという公然わいせつ罪のほう助で逮捕される可能性は出て来るでしょう。

更に!仮に警察がDTIを根絶しようと本気であった場合は、これらの無修正動画サイトや無修正ライブチャットを利用したユーザーまでも逮捕する可能性もあるのでは?と私は考えてしまいます。

これは憶測ですが、こんかいの海外無修正サイトの大規模な摘発の理由というのは2020年に開催される東京オリンピックを意識した、日本のイメージアップの為なのでは?と考えています。

これはコンビニに置いてあるエロ本やレディースコミックが次々に撤去されている流れと非常に似ており、やはりエロ本も規制したのだからネットも規制しなくてはという連鎖反応なのだと思います。

まあ、まず無修正動画サイトや無修正ライブチャットを利用しているユーザーまでもが逮捕される可能性はかなり低いと思いますが、絶対的な合法を考えるのであれば私は海外系の無修正会員サイトを利用するのは控えておくべきだと感じます。

海外配信系の無修正ライブチャットを利用するのは今後危険なのか?

2017年現在、アダルト系のインターネット業界が大荒れとなっている。

理由は無修正配信系のエロ動画サイトの最大手である「カリビアンコム」がNHKのニュースやYahoo!のトップニュースを飾ったからだ。

「カリビアンコムが摘発された。」

男であれば誰でもショックを受けただろう。カリビアンコムと言えば月額会員制で高画質かつ高音質のAV作品が完全無修正で楽しめる有名なアダルト動画配信サイトであるからだ。

恐らく、会員になっていた男性も多いと思うし、系列会社が運営しているDXLIVEなどはライブチャット版の海外無修正サイトであるから、常連男性もかなり多い筈だ。

厳密に今回のカリビアンコム摘発事件を解決すると、台湾にて日本から無修正のAV作品を仕入れていた会社の女社長がいる。実は、この女社長が今回は逮捕されたのだ。

つまり、カリビアンコムの運営会社の人間が摘発されたのではなく、そこへ無修正動画を納品していた関連会社の人間達が逮捕されたのだ。

ある意味で、日本の警察からすると精一杯の努力の結果だったのかもしれない。

日本のAV女優が出演しているカリビアンコムなのだから、当然日本から元となる性器が丸見え状態のオリジナル動画は日本に存在している。

しかし、日本国内のサーバーからそれをアップロードして誰もが観覧できる状況にすれば、それは確実に法律違反であり間違いなく逮捕されてしまう。

今回の件は、それを回避する為に一旦は国外である台湾へと動画を売ってから、それをアメリカの運営会社へ販売すれば、間違いなく動画の仕入先を特定するのは難しくなる。

それを続けていたのが今回のカリビアンコム摘発の結果なのだろう。恐らく、運営もとのアメリカ法人の会社を摘発する事は不可能だろう。何故なら、アメリカ国内の人々からしてみれば無修正ポルノというのは至って当たり前に存在する完全合法であるからだ。

そりゃ18未満の児童ポルノなどに関してはアメリカは日本よりよっぽど厳しいが、成人女性が出演するポルノであれば、全く問題はない。むしろ、完全合法なのだ。

恐らく、この状況は変わらないであろう。日本国内では危ない橋を渡って無臭性動画を横流しした日本人はガンガン逮捕されるだろうし、カリビアンコムの運営はなにも変わらずに運営され続けるだろう。

問題なのは海外系の無修正ライブチャットである。DXLIVEとFC2ライブチャット。この2サイトは日本人のユーザーを間違いなくメインターゲットとした無修正配信のライブチャットである。

エロ動画が摘発されるのであれば、間違いなくライブチャットも摘発する筈。これはセックス配信が当たり前のように放送されている現状の無修正ライブチャットの現状を考えれば当たり前とも言える。

ハッキリ言って、日本に住んでいる女性がこれらのサイトにて無修正ライブチャットを行えば、その時点で逮捕される可能性は確実にある。

実際に、セックス配信をして逮捕された女性はかなり多いし、女性器を露骨に放送していたライブチャットパフォーマーの女性は何人も逮捕されているのだ。

ハッキリ言えば、無修正ライブチャットを見る男性達。逮捕される可能性はあるのか?とよく質問を頂くが、観覧するくらいであればまず逮捕はないのでは?というのが私の見解だ。

もちろん、男性側もウェブカメラを利用して女性に性器を見せるという行為をすれば男性側も確実に逮捕対象となるが、観覧程度で警察がユーザーを逮捕するというのは余りにも無茶な行為だと私は思う。

それよりは、警察は大本を逮捕するべきだろう。アメリカの運営会社だと急に手を出せなくなる日本の無能な警察・・・明らかにやっている事が矛盾しているし、海外との連携が全く取れていないという証拠だ。

若い子が多いライブチャットを利用するメリットとは?

学生やフリーター、OLさんなど20代~30代手前の若い女性が多いライブチャット番組。

所謂、若い女性が多く集まるライブチャットですが、皆さんは利用していますか?

私は熟女系と若い系のライブチャットを昔から使い分けて楽しんでいますが、個人的には各番組のメリットをしっかりと把握して使うべきだと感じています。

簡単に説明すれば人妻系のライブチャットは生脱ぎや生オナニーを鑑賞しながら手っ取り早く自慰行為を済ませたい時のオナネタ専用番口としても使うのがベターだと感じています。

逆に若い子が多いライブチャットというのは、チャットや双方向のライブ通話により女の子との会話を楽しみつつ、同時に女の子との会話を深いレベルで楽しんだり、純粋にナンパの場として活用する事がかなり多いですね。

やはり、若い子というのはライブチャットのチャットレディーという立場であっても、若さという価値を自分で熟知していますから、やすやすと脱いだりオナニーし始める子は少ないのです。

特に最近は高齢化社会ですから若い女の子が相対的に少なくなっているので、その傾向が強いですね。

メリットとしては逆に、自分の事をアピールしたいお喋り好きな子が多いのでチャットやライブ通話にはバッチリマッチするのです。

今時の20代~30代は人に自分の事を知ってもらいたいと感じている子が多く、特に大人に認められたいという願望を持っていますから若い子が多いライブチャットというのは会話を楽しみつつ自分の目的を徐々にマッチングさせて行くなんて使い方がベストだと思います。

逆に人妻や熟女さんのチャットレディーというのはライブチャットの世界を熟知していますから、直ぐに男の命令に従って脱いでくれますし、変態なオナニーだって金の為なら躊躇せずに見せてくれるのだです。

このように、特徴がまるで違う若い子向けと人妻向けのライブチャットですが、個人的には各番組のメリットにマッチした楽しみ方をするのが真のライブチャット通だと思いますね。

出会い系ライブチャットの時代が到来している!?

最近のライブチャット業界に動きがありました。

それはスマホに対応した新感覚の出会い系+ライブチャット的な番組が続々オープンしているという動きです。

具体的にはEAZY、人妻TSUBAKI、おチャベリという3つの出会い要素を含んだビデオ通話可能な出会いアプリ。

これらのアプリは今までにないコンセプトのHコミュニティーだと私は感じています。まず、女性達との通信手段の豊富さが今までとは大きく異なります。

従来のライブチャット機能に加えてLINEやカカオトークと同じようなリアルタイムチャットの仕組みが備わっていますし、ビデオ通話(ライブチャット)以外にも音声通話によるツーショットトークが楽しめる点が新しいのです。

多彩なコミュみけーション手段は男性ユーザーにとって幅広い目的やチャンスを与えてくれます。LINE風のチャットでしたら従来からの出会いの定番である出会い系感覚で女性を口説けますし、リアルタイムなチャットですので出会いのタイミングを逃しません。

また、音声通話でしたらテレクラやツーショットダイヤルのような直接相手と会話して出会いをマッチングすることも可能ですし、ムラムラしている場合であればテレフォンセックスを楽しむなんて発想も生まれてきます。

最近はLINEやカカオなどの無料通話アプリの定番化によりテレフォンセックスを普通に楽しむ女性が増えて来ていますのでテレセ目的でこれらの出会いアプリを利用するのも逆にオススメできます。

そしてビデオ通話でしたら当サイトのメインテーマでもあるライブチャットが思いきり楽しみます。女性達の殆どがエッチな願望で利用しているアプリばかりですので脱ぎやオナニーの方も非常に本格的ですからね。

私はEAZY、人妻TSUBAKI、おチャベリは今後のライブチャット業界を大きく変える人気となる予感が今からしています。既に女性ユーザーも急激に増えてきていますし、今までのライブチャットとは大きく女性の質も異なりますので、新しいライブチャット番組という見方もできるのでは?と考えています。

出会いも抜きもチャットも楽しめる出会いアプリの数々。これらのスマホライブコミュニティーから目が離せません!

パフォーマーに激素人が増えている今がパコりのチャンス!

ニコニコ超会議ニコニコ超会議が今年も開催された。

オフパコ希望という言葉が作られたこのイベントはドワンゴが運営するニコニコ動画及びニコニコ生放送の盛り上がりによって毎年幕張メッセを借り切って開催されるビッグイベントとなった。

私はこのニコニコ超会議とライブチャット業界にはかなりの親和性があると感じている。

何故なら、ライブチャットはニコニコ生放送の元祖的な位置付けといえるからだ。

ライブチャットは女性パフォーマーを見るために男が金を支払って動画を観覧するという構図が成り立っているという相違点はあるが、ネットでリアルタイムな動画を見るという点では同じ仕組みに近い。

さて、私は2016年現在こそがライブチャットでパコれるビッグチャンスな時期だと確信している。

何故なら、これだけニコニコ超会議の知名度が上がった今、素人がネットで生放送動画を垂れ流して、その対価を得るというシステムを認知している女性が圧倒的に増えたからだ。

男達に動画で裸体を晒す。そこにはバーチャルの繋がりしか存在しないが、女達の中にはそれだけでは物取りなくなりセックスにより対価を得たいと思う女もいる筈だ。

リスクのある援助交際や割り切り出会いに手を出す女達もいるだろうが、中にはセックスこそが対価だと思う生粋のヤリマン素人女も含まれているだろう。

そのような女を狙ってライブチャットを使えばオフパコならぬ

ライブパコ

も十分に狙えるのだ。このような以前にはない楽しみ方が出て来たライブチャット。もしかすると、これからは出会い系サイトに代わるセックス出会いスポットになるのかもしれない。

脱がせるだけがライブチャットの全てではない!

ライブチャットを日常的に楽しむ人の多くが目的とする事。それは、お気に入りの女の子を素早く脱がせてオナニーをさせたり、命令や指示してエロい行為をさせ楽しむ。

ライブチャットサイトは基本的にアダルト色の強いサイトばかりなので、少しでも早くパフォーマーの女の子にエロい事をさせたいという気持ちは分からなくもありません。

しかし、私から言わせてもらうとライブチャットを単なるオナネタ目的をのみで楽しむのも実は勿体無い行為だと考えています。

何故だか分かるでしょうか?

単に指示して脱がせてオナニーさせるライブチャットの楽しみ方というのは、私からしてみると深みが感じられないんです。

ライブチャットに出演するパフォーマーさん達は男の性玩具ではありません。それぞれに性格がありますし個性がある。

そんな人間としての繋がりを感じることこそが奥深いライブチャットの楽しみ方だとは思いませんか?

つまり、もっと女の子達との会話を楽しむべきなんですよ。

先ずは、待機中の女の子達の中から好みの子を見つけ出す。その際は、プロフィールや日記などの外見以外の特徴もチェックするべきです。

その中から相手の性格が見えてきたり共通の趣味などが見えるかもしれませんからね。

もちろん、ルックスやオッパイの大きさも重要ですが、会話を重視した楽しみ方を意識する場合は性格マッチングも重要な女性探しの要素になります。

また、チャットでお気に入りの女の子と会話が盛り上がって来たら、是非とも男性側もWebカメラやマイクが使える完全指名のライブチャットに女の子を誘ってみて欲しい。

お互いにWebカメラとマイクで繋がれば、チャット以上に親密な会話が行えますし、お互いの距離感が縮まるスピードが桁違いに早まります。

何度も言いますが、ライブチャットは脱がせる、イカせるだけが本当の楽しみ方だけではありません。是非とも、女性の内面まで切り込むような使い方を楽しんでみて下さい。

ライブチャットは徐々にFC2から国内サイトに需要が戻るだろう

素人の男女が世界に向けて生セックスを生放送して金を稼ぐ。こんな夢のような事が実は既にFC2ライブチャットでは実現している。

このハチャメチャなシステムが普通に楽しまれるようになったのは2013年辺りだろうか?

しかし、FC2ライブチャットが人気となった実態は、セックスを他人に見せてしかも全てモロ出しの無修正なのがセックス生中継の現実である・・・

日本では性器を露出したネット動画は完全に違法だ。その違法が手軽に楽しめてしまうのだから、見たいと思うユーザーが一気に集中するのは間違いないだろう。

これで大金を稼ぐ男女が現れるのだから警察が黙っている筈がない。

見事にFC2は警察に目を付けられて、多数の家宅捜査や日本法人の社長が逮捕されるなどの動きがみられた。

しかし、FC2は確実にアメリカ法人の会社である。恐らく、警察もFC2の壊滅は諦めたのだろう。なんせ、事実上のFC2創業者が未だにおとがめなしなのだから。しかも、本人はFacebookで何の反省もせずにのうのうとしている。

警察が無能なのは確かだが、FC2ライブチャットは確実に毛色が変わってきたと感じる。

それは、明らかな素人男女が殆どいなくなり、悪質や業者やヤクザなどが囲った男女にセックス配信をショー的にやらせているセックス配信ばかりが目立つようになったからだ。

つまり、素人セックスという最大の魅力がFC2ライブチャットにはもう存在しないのである。

私は感じる。これからは再びFC2ライブチャットから国内運営の昔からあるライブチャットが人気化すると。

これは、安全目から考えると明らか。FC2ライブチャットに日本国内から出演して無修正配信をすると高確率で逮捕リスクがあるが、国内ライブチャットならモロ出しするパフォーマーは皆無なので、全てのパフォーマーが平等で稼げる。

そして、見ているユーザーにとっても国内ライブチャットは安全で安心だ。何故なら、今後のFC2は徹底的に警察にマークし続けられる。そうなれば確実に無修正のセックス配信を見ているユーザー達にも逮捕候補になる恐れがある。

特に、児童ポルノなどは今は日本国内でも持っているだけで逮捕される。これが、ライブチャットにも適用されれば、未成年の多いFC2ライブチャットの観覧者が逮捕されるなんてのは確実にあり得る話だろう。

やはり、無修正配信は違法なのだ。安全に楽しむのなら国内運営のライブチャットに限る。

スマホライブチャットはハイスペックなスマホでの利用が最適です

スマホ市場におけるライブチャット市場はかなり成熟して来たと言えるでしょう。

パフォーマーさん達も自宅ではなくスマホからログインする事も可能になライブチャットなども登場しており、女性達にとってもライブチャットが手軽に楽しめる(稼げる)時代になっていると思います。

さて、そんな進化と発展を見せるスマホライブチャット市場ですが、スマホのスペックに関しては気を使うべきだと感じます・・・

ライブチャットは基本的に生放送による動画と音声、そしてリアルタイムなチャットがセットで楽しめるコンテンツです。

なので、スマホのCPUやメモリに掛かる負担はかなり厳しい。高性能なスマホほど快適なライブチャット環境になるのは明らかです。

実際に、私の手元にある今では化石とも言える「iPhone4」でスマホライブチャットを試してみると、途中でハングしたり動画とチャットの遅れが激しいなど、極めて悲惨な動作環境となっていますからね・・・

もしかすると、2世代前に発売されたスマホでギリギリかもしれません。理想は低価格でははい最新のハイスペックスマホで決まりでしょう。

そして、一番注意したいのがスマホでライブチャットする時のネット回線ですね。

現在は高品質で高速通信が可能なLTEでスマホライブチャットが楽しめます。しかし、多くのキャリアではスマホネット利用に関して転送量制限を行っているケースが殆どですので、基本的には転送量を気にせずに使える自宅の光回線を利用するべきだと思います。

転送量のプランに余裕のある方はLTEなどでライブチャットを楽しむのもアリだと思います。

まあ、これからスマホのネット利用もどんどん快適になるはずです。そして、モバイル環境でもライブチャットを好きなだけ楽しめる時代が訪れるでしょう。

とにかく、スマホを利用してライブチャットを楽しむのであれば出来る限りハイスペックなスマホを用意するべきです!

そして、回線は好きなだけ使える光回線を利用するのが現状のスマホライブチャットの賢い使い方だと思います。

来年来るスマホライブチャット番組を予想してみる!

2015年も残り2週間となってしまった。今年はライブチャット業界がなにかと荒れた年だが、FC2などもかなり違法な路線から脱却する動きが見られているので、2016年はそこそこ正統派なライブチャットを楽しめるような気がしている。

今回はそんな2016年に流行るライブチャット番組について少し予測して行こうと思う。

先ずはLINEライブチャットだ。何とあのLINEが生放送コンテンツに参入して来るのだ。

既に、LINEライブは一部の有名人や芸能人に解放されており、テスト的な動きが進んでいる。

LINEのアナウンスによれば、来年は一般ユーザー達にもLINEを使って動画や生放送を放送出来る準備が整うそうなので、やはり本命はことLINEライブだと感じる。

逆に対抗馬として日本の生放送業界をリードしているニコニコ生放送を運営する角川辺りは苦戦の年になるのでは?と私は予想してみる。

まあ、このライブチャットに関しては極めて一般的なライブチャット番組に当たるので次は我々が求めるアダルトライブチャットの予想をしてみよう。

恐らく、業界トップに君臨しているジュエル、エンジェルライブ、チャットピア、マダムライブ辺りは順当に右肩上がりを予測している。これは、FC2ライブチャットからのユーザーの巻き戻しが起きると予想しているからだ。

恐らく、2016年は海外配信系のグレーゾーンであった無修正ライブチャットに徹底的に警察のメスが入るのでは?と私は感じている。

だからこそ、正統派で安全な国内ライブチャットが再び力を取り戻す。

次に、近頃露出が目立つガールズチャットというスマホライブチャットには注目して起きたい。かなり最近になって女性パフォーマーさんがかなり増加しているので、恐らく運営側は2016年に本腰を入れて来るとではと予想している。

このガールズチャットだが、完全にスマホ対応している意外にも優れている部分がある。

それは、ライブチャットだけでなく音声通話による電話のみでも利用可能なのである。

これは、俗に言うツーショットダイヤルシステムであるが、最近のツーショットダイヤルは非常に人気があり盛り上がっているコミュニティーの一つなので、こと機能を融合した点は素直に感心する。

私はこのガールズチャットを2016年の本命ライブチャットに選びたい。

ガールズチャットは今の所女性過多の状態となっているので、男性会員にはチャンスだとも言える。お気に入りのパフォを囲える絶好のタイミングだからである。

是非ともガールズチャットはマークしておいて欲しい。

ライブチャット業界が2016年盛り上がる理由

2015年も残り3週間となった。

今年のライブチャット業界だが、単刀直入に言えばFC2ライブチャットのおかけで桁違いに知名度が上がった年ではないだろうか?

まあ、無法地帯を売りにした完全無修正のライブチャットが突然登場したのだから、話題にならない方が逆におかしいが。

しかし、FC2には現在警察のメスが入っている。海外の法人運営だから無修正配信できるという考え方や許さないという事だろう。

今、FC2ライブチャットで堂々と無修正丸出しで生放送をして荒稼ぎしている個人や業者はハッキリ言って数か月後に全員逮捕されていてもおかしくはないだろう。

さて、このような動きがあった2015年であるが、今回は来年2016年のライブチャット業界の動きについて少し予測してみようと思う。

恐らく、来年は正統派ライブチャットが飛躍的にユーザー数を伸ばす年になると感じている。

これについては上記で述べたFC2の逮捕によるFC2ライブチャットからのユーザー流出が原因。そのユーザー達は安全になのしめるジュエルやエンジェルライブなどに集中するのではないだろうか?

そして、ライブチャット業界全体としては、確実に新規ユーザーが増える年になるのではないだろうか?

この原因としては、大手出会い系サイトの逮捕である。日本国内で800万人ものユーザー数を抱えるハッピーメールの運営会社の社長及び社員が逮捕されたのたから自体は深刻だ。

しかも、その罪状は割り切りや援助交際目的の掲示板書き込みの内容を放置したことによる売春幇助の罪である。明らかに厳しい逮捕であるのは誰の目から見ても明らかだ。

既存の出会い系アプリの多くか、ユーザーが他のコンテンツに流れるのは間違いないだろう。

このような時代の流れにより、2016年は確実に正統派なライブチャットの時代が来ると私は確信している。