日本人向けの海外無修正ライブチャットを利用しただけで逮捕される時代が来る!?

PCライブチャットが一般的に楽しまれるようになったのは、恐らく2000年くらいでしょうか?

基本的にライブチャットは日本国内で運営されている番組と、海外に法人を置いている日本人向けの「無修正ライブチャット」の2種類が主流となっていました。

実はこの2種類の内、海外で運営されている無修正ライブチャットを利用している方は、今後もしかすると「逮捕」される可能性があるかもしれません。

何故なら、最近になって大手無修正エロ動画配信サイト「カリビアンコム」の運営者が日本の警察に逮捕されたからです。

これは大々的にニュースでも報道されたので驚いた方も多いとは思います。

カリビアンコムや一本道といえば、男性なら一度はお世話になったという方も多いのではないでしょうか?

これらの無修正動画配信サイトは日本のAVプロダクションと密接な関係にあると言われており、今回の逮捕劇により何とAVに出演している女優さんや男優さんまでもが逮捕されるという信じられない事態に発展しています。

この海外無修正動画サイトの実質的な運営というのはアメリカのラスベガスにある「DTI」という会社で、アダルトサイトを制作している人の多くがこのアフィリエイトシステムを使い、カリビアンコムや一本道の広告をサイトに掲載して、1件当たり10ドル~30ドル程度の報酬を得ていました。

また、このDTI社は無修正のライブチャット「DXLIVE」も運営しており、今回の逮捕劇から間違いなく無修正ライブチャットにも捜査のメスが入るのでは?と私は予想しています。

そうなると、まず危ないのが日本国内からDVLIVEに参加してる女性パフォーマーさんでしょう。

日本国内から自身の性器を丸見えの状態でライブチャット配信している訳ですから、当然「公然わいせつ罪」に該当するでしょうし、警察としてはパフォーマーのIPアドレスさえ分かれば、その女性の住所や氏名を割り出すことは極めて簡単ですから、まず狙われるのはパフォーマーの女の子という事になります。

そして、次に危ないのがこれらの無修正広告を自分のアダルトサイトに掲載していた日本在住のアダルトサイト運営者です。

このようなサイト運営者もパフォーマーさんと同様に違法サイトを広めていたという公然わいせつ罪のほう助で逮捕される可能性は出て来るでしょう。

更に!仮に警察がDTIを根絶しようと本気であった場合は、これらの無修正動画サイトや無修正ライブチャットを利用したユーザーまでも逮捕する可能性もあるのでは?と私は考えてしまいます。

これは憶測ですが、こんかいの海外無修正サイトの大規模な摘発の理由というのは2020年に開催される東京オリンピックを意識した、日本のイメージアップの為なのでは?と考えています。

これはコンビニに置いてあるエロ本やレディースコミックが次々に撤去されている流れと非常に似ており、やはりエロ本も規制したのだからネットも規制しなくてはという連鎖反応なのだと思います。

まあ、まず無修正動画サイトや無修正ライブチャットを利用しているユーザーまでもが逮捕される可能性はかなり低いと思いますが、絶対的な合法を考えるのであれば私は海外系の無修正会員サイトを利用するのは控えておくべきだと感じます。

パフォーマーに激素人が増えている今がパコりのチャンス!

ニコニコ超会議ニコニコ超会議が今年も開催された。

オフパコ希望という言葉が作られたこのイベントはドワンゴが運営するニコニコ動画及びニコニコ生放送の盛り上がりによって毎年幕張メッセを借り切って開催されるビッグイベントとなった。

私はこのニコニコ超会議とライブチャット業界にはかなりの親和性があると感じている。

何故なら、ライブチャットはニコニコ生放送の元祖的な位置付けといえるからだ。

ライブチャットは女性パフォーマーを見るために男が金を支払って動画を観覧するという構図が成り立っているという相違点はあるが、ネットでリアルタイムな動画を見るという点では同じ仕組みに近い。

さて、私は2016年現在こそがライブチャットでパコれるビッグチャンスな時期だと確信している。

何故なら、これだけニコニコ超会議の知名度が上がった今、素人がネットで生放送動画を垂れ流して、その対価を得るというシステムを認知している女性が圧倒的に増えたからだ。

男達に動画で裸体を晒す。そこにはバーチャルの繋がりしか存在しないが、女達の中にはそれだけでは物取りなくなりセックスにより対価を得たいと思う女もいる筈だ。

リスクのある援助交際や割り切り出会いに手を出す女達もいるだろうが、中にはセックスこそが対価だと思う生粋のヤリマン素人女も含まれているだろう。

そのような女を狙ってライブチャットを使えばオフパコならぬ

ライブパコ

も十分に狙えるのだ。このような以前にはない楽しみ方が出て来たライブチャット。もしかすると、これからは出会い系サイトに代わるセックス出会いスポットになるのかもしれない。

ライブチャットは徐々にFC2から国内サイトに需要が戻るだろう

素人の男女が世界に向けて生セックスを生放送して金を稼ぐ。こんな夢のような事が実は既にFC2ライブチャットでは実現している。

このハチャメチャなシステムが普通に楽しまれるようになったのは2013年辺りだろうか?

しかし、FC2ライブチャットが人気となった実態は、セックスを他人に見せてしかも全てモロ出しの無修正なのがセックス生中継の現実である・・・

日本では性器を露出したネット動画は完全に違法だ。その違法が手軽に楽しめてしまうのだから、見たいと思うユーザーが一気に集中するのは間違いないだろう。

これで大金を稼ぐ男女が現れるのだから警察が黙っている筈がない。

見事にFC2は警察に目を付けられて、多数の家宅捜査や日本法人の社長が逮捕されるなどの動きがみられた。

しかし、FC2は確実にアメリカ法人の会社である。恐らく、警察もFC2の壊滅は諦めたのだろう。なんせ、事実上のFC2創業者が未だにおとがめなしなのだから。しかも、本人はFacebookで何の反省もせずにのうのうとしている。

警察が無能なのは確かだが、FC2ライブチャットは確実に毛色が変わってきたと感じる。

それは、明らかな素人男女が殆どいなくなり、悪質や業者やヤクザなどが囲った男女にセックス配信をショー的にやらせているセックス配信ばかりが目立つようになったからだ。

つまり、素人セックスという最大の魅力がFC2ライブチャットにはもう存在しないのである。

私は感じる。これからは再びFC2ライブチャットから国内運営の昔からあるライブチャットが人気化すると。

これは、安全目から考えると明らか。FC2ライブチャットに日本国内から出演して無修正配信をすると高確率で逮捕リスクがあるが、国内ライブチャットならモロ出しするパフォーマーは皆無なので、全てのパフォーマーが平等で稼げる。

そして、見ているユーザーにとっても国内ライブチャットは安全で安心だ。何故なら、今後のFC2は徹底的に警察にマークし続けられる。そうなれば確実に無修正のセックス配信を見ているユーザー達にも逮捕候補になる恐れがある。

特に、児童ポルノなどは今は日本国内でも持っているだけで逮捕される。これが、ライブチャットにも適用されれば、未成年の多いFC2ライブチャットの観覧者が逮捕されるなんてのは確実にあり得る話だろう。

やはり、無修正配信は違法なのだ。安全に楽しむのなら国内運営のライブチャットに限る。

ライブチャット業界が2016年盛り上がる理由

2015年も残り3週間となった。

今年のライブチャット業界だが、単刀直入に言えばFC2ライブチャットのおかけで桁違いに知名度が上がった年ではないだろうか?

まあ、無法地帯を売りにした完全無修正のライブチャットが突然登場したのだから、話題にならない方が逆におかしいが。

しかし、FC2には現在警察のメスが入っている。海外の法人運営だから無修正配信できるという考え方や許さないという事だろう。

今、FC2ライブチャットで堂々と無修正丸出しで生放送をして荒稼ぎしている個人や業者はハッキリ言って数か月後に全員逮捕されていてもおかしくはないだろう。

さて、このような動きがあった2015年であるが、今回は来年2016年のライブチャット業界の動きについて少し予測してみようと思う。

恐らく、来年は正統派ライブチャットが飛躍的にユーザー数を伸ばす年になると感じている。

これについては上記で述べたFC2の逮捕によるFC2ライブチャットからのユーザー流出が原因。そのユーザー達は安全になのしめるジュエルやエンジェルライブなどに集中するのではないだろうか?

そして、ライブチャット業界全体としては、確実に新規ユーザーが増える年になるのではないだろうか?

この原因としては、大手出会い系サイトの逮捕である。日本国内で800万人ものユーザー数を抱えるハッピーメールの運営会社の社長及び社員が逮捕されたのたから自体は深刻だ。

しかも、その罪状は割り切りや援助交際目的の掲示板書き込みの内容を放置したことによる売春幇助の罪である。明らかに厳しい逮捕であるのは誰の目から見ても明らかだ。

既存の出会い系アプリの多くか、ユーザーが他のコンテンツに流れるのは間違いないだろう。

このような時代の流れにより、2016年は確実に正統派なライブチャットの時代が来ると私は確信している。

大きな時代の変化の中で一段と存在感を示したライブチャット

ライブチャットはWindowsOSが一般人に出回り、インターネットが家庭に普及し始めた辺りから既に存在していたコンテンツである。

恐らく20年程度の歴史があるのではないだろうか?昔は電話回線を利用した極めて低速度な回線でライブチャットを必死に観覧していたが、今はスマホというモバイル端末でまでライブチャットが楽しめる時代。

ITの世界の進化はとんでもなく早いスピードで進化して多くの人々が気軽にインターネットに接続するようになって来ている。

時代の流れでライブチャットは様々な進化や人々の要望に答えるようにもなっね来た。

最近注目されたライブチャットの進化と言えばFC2ライブチャットが導入した事実上の投げ銭システムだろう。このシステムはライブチャットの世界に強烈なインパクトをもたらした。

何故なら、従来のライブチャットは番組を運営する業者が売り上げや価格設定などをしていたが、FC2は個人がライブチャット番組を運営して価格設定や莫大な売り上げマージンを得ることを可能にしたからだ。

しかし、このFC2ライブチャットは同時に社会的な問題も引きおこきた。余りにも自由過ぎるシステムにより無修正の性器を思い切り配信したり男女がセックスしている生中継をして対価を得る男女が登場し始めたからだ。

日本国内における法律ではモロ出しで性器を配信する事は公然猥褻罪の罪に問われる。しかし、FC2はアメリカの会社が運営している事になっている。アメリカは無修正でも成人であれば裸体やセックスを配信する事は合法である。

この日米の法律の隙を狙い多くの日本人男女がグレーゾーン的に無修正のオナニーやセックスを生放送して金を稼いでいるのだ。

幸い、直ぐに警察が動きFC2は何度も家宅捜査され、FC2を運営する日本人の男は警察から国際的にマークされている事態に陥っている。

この流れにより、一時期日本の法律により運営されているライブチャットは劇的なユーザー離れを起こした。やはり、相手は無修正。男だったら確実に過激な無修正を選ぶのは当然である。

FC2に捜査のメスが入った今は、日本国内運営のライブチャットにはかなりユーザーが戻って来た。なはり、あれだけ大々的にニュースになってしまえば、迂闊にFC2で性器を丸出しにする女性も多くはない。

この一連のライブチャット業界における革命はかなりの波乱も起こしたが、結果的に見ればある意味でライブチャットという存在は確実に知名度を上げたと感じている。

ライブチャットはこのような大規模な革命や小規模な変化を繰り返しながら確実にユーザー数を増やしているとも私は感じている。

それだけ魅力的で中毒性の高いコンテンツであることは間違いない。

ライブチャットでお気に入りのパフォに金をつぎ込む価値とは?

今回はライブチャットの常連男性について少しお話したいと思います。基本的にライブチャットの運営と言うのは数回使って退会してしまうライトユーザーが9割を占め、残りの1割がディープにハマリ大金を長期間に渡ってつぎ込むヘビーユーザーから成り立っていると言われています。

もちろん、ライブチャット全体から見た場合のヘビーユーザーの価値は非常に大きい。むしろライトユーザーがいないライブチャットでも、毎月100万円使ってくれる常連のライブチャットの方がサーバーや管理費などを考慮すれば圧倒的に儲かりますからね。

さて、そんなライブチャット運営を支えていると言っても過言ではない常連ライブチャットユーザーですが、多くの方は特定のお気に入りパフォーマーとツーショットライブチャットをする為に利用するのが一般的らしいですね。

まあ、AKB48のようなアイドルを追っかけしているイメージに近いですかね?彼ある意味で、絶対に手の届かないAKBではありますが、ライブチャットのパフォーマーならある程度の常連になれば、「密かに会ってくれるかもしれない。」そんな狙いで利用している常連がかなり多いとも聞きます。

実際にライブチャットのパフォーマーさんはキャバクラ嬢と変わらないですからね。もしかするとキャバより敷居が低いかもしれませんよ。

だからこそ、少し常連になってあげればセックスまで持ち込めるかもしれない。そんな思いで特定のパフォーマーの乗船になるのです。ハッキリ言って常連になって親密な会話に持ち込めば割り切りや大人の関係を求めてくるパフォーマーの子って非常に多いですからね。

個人的にはセックスするのに金を支払う必要は無いと思っていますが、アイドルオタクみたいな童貞丸出しの男性は直ぐに支払ってしまうのかもしれませんね。

まあ、要は金と満足度の比較なんだと思いますよ?お金を払って好きな子が脱いでくれるだけでなく、セックスまで出来る。こんな関係を狙うのに本当にお金を支払っても良いと思う方はヘビーにライブチャットを利用する価値はあるのではないかと思っています。

ライブチャットがスマホ対応になり何が可能になったのか?

スマホライブチャットで変わったことライブチャットサイトはインターネットの仕組みが登場し、徐々にモデム回線からADSL回線が導入された頃から普及し始めたコンテンツだ。やはり、動画の力は大きかった。ライブチャットは決して手軽な値段で楽しめる娯楽では無いのにも関わらず、開始直後からヘビーユーザーを生み出す人気コンテンツとなった。

やはり、インターネットの本命コンテンツはエロでありリアルタイムなコミュニケーションなのだろう。

私はこんな感じで定番化したライブチャットサイトの数々を実際に使い比べて来た。やはり、ライブチャットの本質はシステムなどではない。とにかくパフォーマーの女の子の質であり、どこまでスッキリと抜いたり口説いて出会えるのかに掛かっていると思う。

近年、ライブチャットサイトの殆どはiPhoneやAndroidスマートフォンへの対応を済ませた。エンジェルライブやジュエルなどはかなり前からスマホ対応していたからな。

では、スマホにライブチャットが対応して何が変わったのだろうか?皆さんも疑問に思う所ではないだろうか?今回はそんな疑問に私が答えよう。

単刀直入に言えば女の子達のライブチャットに対する敷居が下がった。そして、スマホで劇的に増加したモバイルインターネットユーザーの増加で間違いなくライブチャットが女の子達の間で手軽にお小遣い稼ぎ出来るコンテンツだと言う認識が広まったのである。

これは、決して我々ライブチャットユーザにとってデメリットではない。むしろ、メリットの方が桁違いに増えたと認識するべきだろう。

スマホに対応した事により、間違い無く見れる素人女の子達の分母は増えたし、結果的にライブチャットを使ってついでに男漁りをする肉食系女子も確実に増加した。これが、ライブチャットがスマホ対応して一番変わった事なのである。

なので、決して我々は彼女達の金ズルとは思わないで欲しい。逆に数年前みたいなプロパフォーマーとして稼いでますみたいな女は人気を直ぐに落とす時代に入ったので、我々のような掟破りの出会いまでライブチャットに求めるナンパライブチャット師にとっては、間違いなく追い風と言えるだろう。

今後のライブチャットは出会いを意識すべきだ!

スマホの世界になってから私はある疑問を持っている。それは、出会い系規制法の概念が完全に無くなっているように感じるからだ。

疑問その一、何故にFacebookやTwitterは出会い規制が行われないのか?出会い系サイトはOKでソーシャルメディアがOKなんてのは意味がないだろう。

それはLINEも同じだ。LINEなんて表向きは健全化を謳っているが、中身は出会い厨の夢の国状態。外部のLINE掲示板なんかを使えば女なんか爆釣出来るのだから。

もはや、出会い系規制法は事実上の破綻を起こしているのかもしれない。そう考えるとライブチャットサイトの多くも出会いに関して規制緩和すべきではないのだろうか?

そもそも、何でライブチャットは出会い要素を全面的に取り入れないのだろうか?警察の目を気にしているから?これだけスマホが浸透して女とライブ動画で繋がるコンテンツが溢れているのに、サービス的に女と出会ってはいけない!なんて今の時代では通用しないだろう。

現に、ライブチャットの常連などはパフォーマー女性と出会ってるなんて日常茶飯事である。本当にゴロゴロしているからな。まあ、殆どの男はヘビーユーザーだが。

しかし、男と女が集まって出会っちゃいけない!なんてのは小学校かよ!と突っ込みたくなる。

是非とも大手ライブチャット運営者には出会いとライブチャットの融合を目指して欲しい。要はこれは見せ方の問題なのかもしれない。一見は、新しいソーシャルメディアみたい。でも中身はライブチャットでしかも女の子とはソーシャルで繋がる事が出来る。こんなシステムは面白いと思わないだろうか?

私は今後のライブチャットの出会い自由化に向けて様々な計画書と法律をこれから勉強しようと思う。そして、そのノウハウを大手のライブチャットサイトの経営者に渡してコンサルティングしてあげる。これが一番の近道かもしれない。

そんな訳で、ライブチャットなんてのは金を払っているのだからパフォーマーを口説かないのは非常に勿体無い話だ。キャバクラ感覚で考えると良いかもしれないな。

スマホ生ライブチャットは今後の展開次第でツーショットも超える?

スマホは既に国民一人が一台持つ新デバイスになりました。ガラパコスと言われていたガラケー携帯電話を利用している人はもはや少数派ですからね。ほんの数年でここまでスマホとガラケーに差が出るとは思いませんでしたけどね。

そして、ライブチャット業界はスマホ登場のおかげで息を吹き返しました。何故ならガラケーは端末自体のスペックが低い為、ライブチャットをフルに楽しむ環境がなかったのです。

その代わりにテレビ電話系のライブチャットが少し流行りましたが、いまいちブームに乗り切れなかった感じがします。まだe-shot、ジップなどが現役稼動していますが、やはりテレビ電話が楽しめるガラケー自体が減ってしまっているので、実質的にツーショット電話として利用している方が殆どだと思います。

スマホが普及し、パソコン並みのスペックが整った今、ライブチャットに怖いものは無いでしょう。それにスマホですから完全にプライベートな環境での利用が簡単になりました。

究極的に言えばトイレの中やベッドの中でライブチャットを利用して女の子を全裸にさせて、オナニー鑑賞出来るのです。

私はこの流れは止まらないと思います。恐らくツーショットダイヤルの人気化に寄せてくると思うんですよね。そうすれば極めて簡単に出会う事も可能になりますからね。

出会いの要素とライブチャットが重なれば最強なのは間違いありません。私は近いうちにツーショットの音声通話が意識された機能がライブチャットに搭載されると考えています。

そして、この機能が搭載された直後はセフレ入れ食いのチャンスだとも確信しています。皆さんもこのタイミングを意識してみましょう。

FC2の家宅捜索でライブチャット業界は通常通りの平和な世界になる?

FC2と言う会社先日突然ニュースになったFC2の実質的な経営に家宅捜索が入った件には衝撃を受けた人が多いと思う。

てっきりFC2は完全に海外運営だと思っていたのに、運営は日本だったとは本当に意外だった。但し、本当に日本での運営が100%だったとしたら、個人的には余りに法律を知らない会社なんだと思う。

最近のFC2は本当に業界潰しだった。FC2動画では平気でテレビドラマや映画がフルでアップロードされていたからな。

そして、ライブチャットにおいてもFC2は本当に迷惑を掛けていたと思う。何故なら業界のタブーであった個人のライブチャット配信で金稼ぎが出来るシステムを構築したからだ。

FC2ライブチャットはパフォの女性が細かい金額の設定まで可能だった。例えば脱ぎなしの配信は無料に設定し、とにかく男性ユーザーを挑発しまくって人数を集める。そして、脱ぎそうになると突然金額を高くした有料配信に切り替える事が出来るのだ。

これで人が集まらない訳が無い。しかもFC2は海外運営との噂を流し、女の子達にモロ出しをしても良いと言うイメージを植え付けていた。

何も知らない馬鹿な女は当然モロ出しのオナニーショーを男性会員に見せ付ける。これで荒稼ぎをしているのだ。

FC2ライブチャットの登場で、確実に真っ当に運営しているライブチャットは打撃を受けた。多くのライブチャットでは女性パフォがいなくなり、FC2に移動した。そりゃそうなるわな!と言った感じだろう。

しかし、等々業界潰しのFC2に鉄槌が下される時が来た。徹底的に当局に目を付けられていたFC2だから、このままタダで済むことは無いだろう。

このガサ入れで私は元の平和なライブチャット業界が復活する事を願っている。どう考えても法律無視のFC2はやり過ぎた。

Xデーは何時になるのかは分からない。但し、その時期は確実に近い将来である事は間違い無いと思う。

何事も法律に沿ってやらなくてはならないと言う事なのだ。