ライブチャットパフォーマーの生態を理解すべき!

今や、多くの人がFC2事件のインパクトにより、ライブチャットという言葉を一般的に認知するようになった。但し、ライブチャットイコール怪しくてグレーゾーンなコンテンツと思う人も多くなって残念な部分も多い。

ハッキリさせておくが、違法性のあるライブチャットとはパフォーマーの女の子達のモロ出しを半ば容認しているサイトのみだ。

つまり、女性器を男達に見せるか見せないかがライブチャットの違法と合法の大きな分かれ道になる。後は、未成年少女が出演していた場合に関しても確実に違法となる。

まあ、大抵の場合は海外から配信しているライブチャットは海外の法に元ずいて女達がモロ出ししているケースが多いと言える。また、この場合に逮捕されるのは違法ライブチャットに出演しているパフォーマーになる事も念を押しておきたい。

さて、最近のライブチャットの誤解を説明したが、今回はライブチャットパフォーマー達の生態について述べたい。

やはり、パフォーマーになる女の子達というのは、基本的に普通の女の子というよりかは、少し変わった性格の子が目立つ。

そりゃ、不特定多数の見ず知らずの男達に対して自分の裸体やオナニーを見せる代わりに金わ稼ぐのだから、普通の感覚ではないことは明らかである。

それでも、中には普通に近い子もいる。そのような子は大抵の場合、ライブチャットパフォーマーを本業では無く、数万円稼げればOK的な副業として捉えている子が多い。

方や、ライブチャットパフォーマーを本業としている女の子達も存在する。こんな子達はどちらかと言えば変わった子が多く、自分の体を金に変える事になんの抵抗を持たない子が目立つ。

そして、ライブチャットで生計を立てる人に関しては基本的にはお金にシビアな女の子が多いのが特徴的です。ですので、ライブチャットをディープに使う男性の中には、その特徴を逆手に取り、パフォーマーを金で釣って出会っている者も多いと言う。

このように、ライブチャットのパフォーマー達は、人によって目的からやる気までかなり違ってくるのが現状だ。

是非とも、彼女達の生態を良く理解した上でライブチャットを効果的に楽しんで欲しいと思います。

大きな時代の変化の中で一段と存在感を示したライブチャット

ライブチャットはWindowsOSが一般人に出回り、インターネットが家庭に普及し始めた辺りから既に存在していたコンテンツである。

恐らく20年程度の歴史があるのではないだろうか?昔は電話回線を利用した極めて低速度な回線でライブチャットを必死に観覧していたが、今はスマホというモバイル端末でまでライブチャットが楽しめる時代。

ITの世界の進化はとんでもなく早いスピードで進化して多くの人々が気軽にインターネットに接続するようになって来ている。

時代の流れでライブチャットは様々な進化や人々の要望に答えるようにもなっね来た。

最近注目されたライブチャットの進化と言えばFC2ライブチャットが導入した事実上の投げ銭システムだろう。このシステムはライブチャットの世界に強烈なインパクトをもたらした。

何故なら、従来のライブチャットは番組を運営する業者が売り上げや価格設定などをしていたが、FC2は個人がライブチャット番組を運営して価格設定や莫大な売り上げマージンを得ることを可能にしたからだ。

しかし、このFC2ライブチャットは同時に社会的な問題も引きおこきた。余りにも自由過ぎるシステムにより無修正の性器を思い切り配信したり男女がセックスしている生中継をして対価を得る男女が登場し始めたからだ。

日本国内における法律ではモロ出しで性器を配信する事は公然猥褻罪の罪に問われる。しかし、FC2はアメリカの会社が運営している事になっている。アメリカは無修正でも成人であれば裸体やセックスを配信する事は合法である。

この日米の法律の隙を狙い多くの日本人男女がグレーゾーン的に無修正のオナニーやセックスを生放送して金を稼いでいるのだ。

幸い、直ぐに警察が動きFC2は何度も家宅捜査され、FC2を運営する日本人の男は警察から国際的にマークされている事態に陥っている。

この流れにより、一時期日本の法律により運営されているライブチャットは劇的なユーザー離れを起こした。やはり、相手は無修正。男だったら確実に過激な無修正を選ぶのは当然である。

FC2に捜査のメスが入った今は、日本国内運営のライブチャットにはかなりユーザーが戻って来た。なはり、あれだけ大々的にニュースになってしまえば、迂闊にFC2で性器を丸出しにする女性も多くはない。

この一連のライブチャット業界における革命はかなりの波乱も起こしたが、結果的に見ればある意味でライブチャットという存在は確実に知名度を上げたと感じている。

ライブチャットはこのような大規模な革命や小規模な変化を繰り返しながら確実にユーザー数を増やしているとも私は感じている。

それだけ魅力的で中毒性の高いコンテンツであることは間違いない。