出会いを禁止しているライブチャット番組の使い方

多くのライブチャットではパフォーマーの女の子をサイト内で口説いたり、電話番号やメールアドレスの交換を禁止しているサイトが非常に多いです。確かにストーカーや危険な事件に女性が巻き込まれる可能性などがありますから、ある程度の規約やルールは必要であると私も考えます。

しかし、ルールを安全に守っているだけでライブチャトは楽しいでしょうか?露骨にナンパに徹するのは余りにも雑で迷惑だと思いますが、キャバクラ感覚で女性を口説く程度ならむしろ楽しむべきなのです。

運営なんてロクに金の事しか考えていない会社も多いですからね。ユーザーが楽しむ場を提供するのが運営ですので、ライブチャットユーザーは基本的に自由に行動すべきだと考えています。

さて、具体的にライブチャットで女の子を口説くのはどういう流れが理想的でしょうか?とにかく運営側は番組内での電話番号を口頭で喋ったり、メース送信内容に住所やアドレスを書くことを厳しく監視しています。

ですのでこれらの行為の裏を付けば良いのです。例えば電話番号をこうかんするのであれば、ライブチャットの会話自体に暗号を作ってしまえば良いのです。

これを実践するにはまずお気に入りの女性を見つけてツーショットルームに誘うのが当たり前な程度に女性と仲良くなる必要があります。

そこで徐々に会話の流れから隠語を作っていくのですす。もちろん女性自身を口説くのも忘れずに。

お互いの距離をどんどん縮めましょう。キャバクラでお気に入りの女性を口説くようにナンパしていきましょう。適度な距離を保ちつつ攻める姿勢が大事です。

まずはLINEのIDから交換するのが最近はやりやすいと思います。アルファベットや数字は隠語にしやすいですからね。これを女性に覚えてもらうのが第二段階ですよ。相手にも気があればノリノリで楽しんでくれるはずです。

基本的にライブチャットに参加している女性達は男性に対してネガティブなイメージを持っている人は殆どいません。例えそう言う子がライブチャットに参加してきても上手くいかずに直ぐに退場してしましますからね。

ライブチャットの可愛い子には注意してください。男性達のライバルが物凄く多いからです。私は人気の女の子は基本的に見る専門にしていて、ある程度レベルを落として好みの女の子をピックアップしています。

キャバクラでもそうですよね?歌舞伎町のキャバクラのナンバーワンを口説き落とすなんてとてもじゃないけど出来ませんからね。

自分に合ったレベルの女の子を選ぶのもライブチャットナンパでは重要なテクニックになると思います。